•  
  •  
  •  

全てを貫く「自己破産 デメリット」の恐怖

現時点で日本で存在するの

現時点で日本で存在するのは3つの機関です。CICというところはクレジット等の信販会社の信用調査機関です。詳細が残っている年月は5~7年だそうです。信用情報の内容にカード破産のデータ内容が記録されてしまい、新たに組むローンやクレジット・カードを作成することは不可能となります。とは言っても、もっとも長くても10年を過ぎると信用情報データから倒産の記載は排除され新規ローンを申し出できるできるようになります。 それによってどれだけ偽装してもなんらかにトラブルがあれば受容されなくなってしまいます。情報詳細が掲載されている期間の長さは各信用機関によって変わってきます。国で発行の独自の読み物、官報にお住いの住所ご氏名が記されてしまいますが、官報の詳細を確認する普通の方はほぼいらっしゃらないでしょう。 僕の私の自己破産の電話相談などそのわけは借金を帳消しにするためのことを行っているからです。クレカは各カード会社が立替て借金返済することであり、実質的に借り入れをすることとなるのです。 クレカはとんだワケが無ければ正社員の社員ならば審査を通すことでがきるようになっています。その行動をジャマするような手段を取っているので、あいにクレジットは持てなくなってしまうのです。この内容は審査機関データに記されてしまい、全てのカード会社からカードを切ることを止められてしまうのです。だとしても、ただただ借りたお金が0円になることではなく、不動産があるときは借りたお金を戻すことにあてがわなければならないので没収されてしまうのです。
 

Copyright © 全てを貫く「自己破産 デメリット」の恐怖 All Rights Reserved.